JA秋田しんせい 秋田しんせい農業協同組合
プライバシーポリシー
サイトポリシー

トップページ > しんせいの紹介 > コンプライアンス

コンプライアンス

JA秋田しんせい コンプライアンス態勢

 JA秋田しんせいは、相互扶助の理念に基づき、農産物の供給源としての役割や金融機関としての役割等、協同組合組織として、組合員や地域社会に必要とされる事業を通じ、その生活の向上や地域社会の発展に貢献するという基本的使命・社会的責任を担っています。JA秋田しんせいは、この基本的使命・社会的責任の実現に向けて、以下のコンプライアンス基本方針に基づく事業を展開していきます。

1.基本方針

①当組合は、JAの担う基本的使命・社会的責任を果たし、組合員や利用者の多様なニーズに応える事業を展開し、

 社会の信頼を確立するため、と当組合の役職員一人一人が高い倫理観と強い責任感を持って日常の業務を遂行

 する。

②当組合は、創意と工夫を生かした質の高いサービスと組合員の目線に立った事業活動により、地域社会の発展

 に貢献する。

③当組合は、関連する法令等を厳格に遵守し、社会的規範に基づき、誠実かつ公正な業務運営を遂行する。

④経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめ、広く地域社会とのコミュニケーションの充実を図るとともに、透

 明性の高い組織風土を構築し、信頼の確立を図る。

⑤社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、確固たる信念を持って、排除の姿勢を堅持する。

 

2.JA秋田しんせいの経営理念

 

  一.私たちは、農を通じて生命(いのち)の尊さを未来に伝えます。
  一.私たちは、働くことに自信と誇りを持ち組合員・地域社会に貢献します。

  一.私たちは、心のつながりを大切にし、お互いの信頼関係を築きます。

 

3.コンプライアンス運営態勢

 コンプライアンス態勢全般にかかる検討・審議を行うため、代表理事組合長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置するとともに、コンプライアンスの推進を行うため、本店各部・各支店・各営農センターにコンプライアンス担当者を配置しています。
 基本姿勢および遵守すべき事項を記載した手引書「コンプライアンス・マニュアル」を策定し、研修会を行い、全役職員に徹底しています。
 また、組合員・利用者の皆様の声を真摯に捉え、前向きに事業へ反映するため、苦情・相談窓等の専門窓口を設置しています。

4.コンプライアンス態勢「体制」の運営組織図

 

   JA秋田しんせいコンプライアンス態勢「体制」運営組織図(PDF:46KB)